2008年12月27日

◆ 裸体画像の流出

 若い女性の裸体画像の流出事件が起こった。Winny による画像ファイル漏洩。
 今回の事件では、 Google も一役買っている。

   ( ※ 画像へのリンクはありません。期待はずれかも。  (^^); )

 ──

 裸体画像が Winny によって漏洩したのは、前にもあった。(××バーガー事件。)
 今回も、それと似たような事件があった。
 《 ひどい!またウィニー被害…美人店員の裸画像が流出 》
 また一般女性の裸画像がファイル共有ソフトによって流出した。今月23日、ジュエリーショップの美人店員(23)の裸の画像が、交際していた男子大学生のパソコンから大量に流出したのだ。しかも、女性の勤務先まで割り出され、一部のネットユーザーが勤務先まで押しかける騒ぎに発展。女性は退職を余儀なくされたという。
 大学時代は学内の有名劇団に所属し、同じ劇団員で1学年下の男子学生と交際していたが、この男子学生のパソコンにファイル共有ソフトの「Winny(ウィニー)」がインストールされており、それが原因で裸の画像が流出した。
( → zakzak
 ──

 ちょっと探してみたら、「美人」という言葉に偽りはなく、かわいい。さすがに劇団員。男の方はかなりハンサム。(プレイボーイふう。)さすが劇団部長。
 画像の内容は……まあ、むにゃむにゃ。(下品になるとまずいので。)

 ──

 それはさておき。
 この画像のうち、裸体以外のものが、Google で公開されてしまっている。例の Picasa というやつ。ここで、本人に断りなく、他人が画像を公開してしまっている。
 つまり、Winny を経由することなく、勝手に個人情報がばらまかれているわけだ。

 この件は、私が次の項目で指摘したことに相当する。

 「当人が許諾したわけでもないのに、どこかの他人が勝手に公開設定したからだ。」
( → マイ・マップの違法性

 「個人情報がどんどん漏洩(公開)されてしまう。本人が意図しないままに。」
( → Picasa と Calendar の情報漏洩

 これは、マイ・マップや Google カレンダーについての記述だが、同じことが、Picasa にも当てはまるわけだ。つまり、本人の許可なく、画像が公開されてしまう。そういうことが今回、起こったわけだ。

 ──

 今回の事件では、加害者は?
 女性は(軽薄ではあるとしても)被害者に当たる。
 男性は、部分的には被害者であるが、女性に対しては加害者となっている。(悪意はないが、酔っ払い運転みたいなもの。)
 写真をネット上で公開している連中は、悪意ある加害者であり、犯罪者と言ってもいいだろう。

( ※ ただし残念ながら、公開する連中は、「個人情報保護法違反」の犯罪者ではない。事業者ではないからだ。プライバシー侵害という点で、民事的に違法性を問われるぐらいでしかない。)

 ──

 ここで、話を Google に戻す。Google は、どうか? 
 第1に、Picasa で個人情報を暴露しているという点で、プライバシー侵害という犯罪の共犯者になっている、と言えるだろう。直接的に。
 第2に、Picasa のみならず、マイ・マップや、カレンダーでも、同じようにプライバシー侵害の場を提供している。
 第3に、ストリートビューでは、Google 自身が個人情報(住居画像や自動車画像)を勝手に公開している。

 要するに、Google というのは、個人の裸画像を勝手に公開する連中と、同類なのである。連中は、裸画像を公開するが、Google は、住宅の覗き見画像を公開する。そのくらいの違いがあるにすぎない。

 今回の裸画像の流出を知ったら、「まるで Google みたいな奴だ」と思えばいいのだ。
 そして、こういう状況を「ひどいものだ」と思ったら、ネットに棲息する破廉恥漢を非難するだけでなく、Google をも非難するべきなのだ。

 今回の裸画像の流出では、「自分は関係ないさ」と思っている人がほとんどだろう。しかし、そう思っている人も、(洗濯物などの恥ずかしい情景のある)自宅の裸画像を、ネットに暴露されてしまっているのだ。  (^^);
 


  【 追記1 】
 「( Picasaでは)裸体以外のものが、Google で公開されてしまっている」
 と上に記したが、その後、同じところで裸体画像まで公開されてしまった。(馬鹿者め!)
 だが、それというのも、「夕刊フジ」が裸体画像を新聞に掲載してしまったので、増長しているようだ。
 「夕刊フジ」は、大馬鹿者ですね。個人の裸体画像を(たとえ顔だけモザイクを入れたとしても)公開するなんて、言語道断だ。あまりにもひどすぎる。例の大馬鹿ものといっしょで、「名誉毀損」という犯罪をしている。犯罪者ですね。
 この会社、つぶした方がいいかもね。できれば、Google といっしょに。

 とにかく、「本人の個人情報を、本人に断りなく、勝手に公開する」という滅茶苦茶なことが、今の日本では野放しにされている。Picasa であれ、マイ・マップであれ、カレンダーであれ、ストリートビューであれ、みんなそうだ。
 Picasa にアップした馬鹿野郎であれ、夕刊フジであれ、Google であれ、こういうイカレた連中を、何とかする必要がある。
 しかしながら、本当にイカレているのは、こういう連中ではない。こういう連中を野放しにしている、今の日本人全体だ。(イカレていないのは、Google などを声高に批判している人々だけだ。)

  【 追記2 】
 エッチ画像を期待する人のために、参考情報を追加しておこう。
 台湾でも、画像流出事件が起こった。こちらは男性タレントのパソコンから(修理業者を経て)画像が流出したもの。エッチ相手の女優が何人も含まれていたため、美人女優のエッチ画像が大量に流出した。
 その一例として、「ジリアン・チョン」という女優がいる。すごい美人なのだが、Google で画像検索すると、裸体画像(18禁)ばかりが出てきて、服を着た本人の画像がかすんでしまうほどだ。
 ( ※ リンクは示しません。誰でも簡単に見ることができるので。)

 さて。この裸体画像の公開場所だが、これが例によって Google の Picasa である。別のところで公開されていることもあるが、Picasa でも大量に公開されている。
 つまり、Google の Picasa は、女優の裸画像を公開する巣窟となってしまっている。明らかに違法行為である。なのに、放置している。
( ※ ただし、まったくの放置とは言えないようだ。検索語で見つかる分については、削除されているらしい。ただし検索語が設定されていない場合には、彼女の裸画像がたくさん残っている。)

 なお、同じような例でも、YouTube や flickr の方では、彼女の裸体画像は削除されている。つまり、ちゃんとチェックする体制が整備されているようだ。その点、Google の Picasa は駄目だ。あまりにも無神経に過ぎる。

 Google の Picasa を見るとわかるが、そこには裸画像を削除するためのシステムが整備されていない。正確に言えば、一応整備されているのだが、それが日本語化されていないのだ。英語で表示される。
 具体的に言うと、「不正行為を報告」というリンクをクリックしたとき、次の画面が表示される。

           不正行為を報告
Google のプログラム ポリシーに違反している可能性があるコンテンツについてご報告いただき、ありがとうございます。
問題を最もよく説明しているオプションを選択してください。

   ◎ Nudity
   ◎ Hate against a protected group
   ◎ Violent or promotes illegal activities
   ◎ Infringes on my copyright
   ◎ Violates another policy (describe next)


 このような英語画面が表示される。「日本語化」という最低限の手間さえもかけていない。
 Google には翻訳の能力がないのか? まさか。Google 自身が翻訳機能を提供している。それによれば、こうなるはずだ。

    ◎ ヌード
    ◎ 悪意の保護グループに対して
    ◎ 暴力や違法な活動を推進
    ◎ 私の著作権侵害
    ◎ 別のポリシー違反(次の)説明

 このうち、2番目と5番目は意味不明瞭だが、他はちゃんと訳されている。これを(ちょっと修正して)掲載すればいいのに、そういうことすらしない。
 なぜ? もともと画像を削除する意思が稀薄だからだ。それが Google という犯罪企業の体質なのだ。

 こういう悪質な犯罪企業はつぶしてしまった方がいい、とも言える。Google がつぶれれば、別の企業が Google と同じことをするようになるだけだ。(すでにある技術や技術者は消えたりはしない。犯罪的な経営者が変わるだけだ。)

 「Google をぶっつぶせ!」と主張したいですね。そのためには、日本政府が、Google に莫大な課徴金をかけてしまえばいい。たとえば、日本国内における Google の広告収入に、莫大な課徴金をかける。
 悪をつぶせ! 

 《 注記 》

 ついでに言えば、上記の5項目には、重要な点が抜けている。次のことだ。
     ◎ プライバシーの侵害

 今回の女優や美人店員ならば、「プライバシーの侵害」を理由にしたいはずだ。なのに、そのための項目がない。これでは画像削除を申告できない。
 そして、Google は、あえてそれを狙っているのだ。(ストリートビューのことからもわかる。)
 プライバシーを無視する Google という企業がいかに悪質であるか、今回の事例からもよくわかるだろう。



 【 参考 】
 写真を期待して、本サイトを初めて訪れた人は、次の「覗き見画像」をご覧ください。
 Google のストリートビューによる覗き見画像です。

  →  ストリートビューの盗撮画像
  →  ストリートビューと女の尻
posted by 管理人 at 19:01 | Comment(7) | Winny
この記事へのコメント
 【 追記 】 を加筆しました。
 タイムスタンプは下記 ↓
Posted by 管理人 at 2008年12月27日 22:28
 【 追記2 】 を加筆しました。
 タイムスタンプは下記 ↓
Posted by 管理人 at 2008年12月28日 11:12
 夕刊フジの裸画像掲載を批判する、2ちゃんねるの声。画像つき。(コピー)

 http://aruite5.blog.shinobi.jp/Entry/986/

 ※ 裸画像を掲載した新聞記事も表示されていますが、肝心の場所は隠されているので、とりあえずはここにリンクを記しておきます。

Posted by 管理人 at 2008年12月28日 13:09
夕刊フジの人は安心しない方がいいよ。
人の裸を食い物にするヤシは生きている資格がないな。
おれが彼女の弟だったら、夕刊フジの人を絶対に許さない。あいつらは殺人テロリストも同然だし。目には目を、歯には歯を。

Posted by ピロリン at 2008年12月28日 17:17
たとえ冗談でも、そんなこと書くと、夕刊フジが本気にしちゃいますよ。   (^^);
Posted by 管理人 at 2008年12月28日 18:10
 現時点(タイムスタンプは下記 ↓)
 において、改めて調べてみたところ、ネット上の裸体画像(例の女性の分)は、ほとんど削除されているようだ。
 特に、Picasa の分は、完全に削除されている。

 あちこちで見られたちゃったあとだし、後の祭りではあるのだが。それでもまあ、とにかく処置だけはなされたようだ。遅ればせながら。

 ただ、文字情報の方は、完全に削除されたわけではないし、Google の検索でもいくらか見つかる。……それでも、容易にたくさん見つかるようにはなっていない、という点で、Google もいくらかは努力したらしい。 (ただし、Yahoo も同様だが。)
Posted by 管理人 at 2008年12月31日 01:09
バーガーの時もこんな事やって有りもしない品性を更に問われた夕刊フジですが、また懲りずにこんな事書いているとは、ねらーの方々もびっくりでしょうね。

どうやらフジサンケイグループは弱い者虐めが大好きな性根の腐った連中ばかりなので、こんなの会社さっさと潰れた方がマシでしょう。
Posted by G/R at 2008年12月31日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。